藍の会展終わる

サークル展が終わって2週間がたちました。
市美協通信も出し終えたので、背中が軽くなりました。
しばしのほっとタイムです。
旅行のため、文化祭美術展への出品はパスすることに決めました。
次は、12月のえむ展に向けての作品作りです。
下はサークル展に出した4点です。

20170901普
春だより ホワイトワトソン10号

20170921花の胸飾り06
花の胸飾り キャンソン100号

20数年前に描いた近所の加賀田神社の桜並木をテーマ作品に変身させました。
imageBP7K2A2Z.jpg
20170831普
今年のテーマ「歌を口ずさみながら」 ブルーシャトー 20号

20170901.jpg
愉 アルシュ(失敗作の裏)6号

裸婦2点 パステル

パステル画って面白い。
水彩のように計算は要らない。
間違っても上から修正できる。
ただ、今の私には、細部表現は不得手。

裸婦を2点描きました。
飽き性の私は、下の絵は途中で嫌気がさし完成していません。。
1枚目に情熱を注ぎ過ぎました。
ま、いいか。
どちらもP10号。

20170906裸婦01

20170920裸婦02

藍の会水彩画展迫る

色んなことに追われています。
そんな中、我らサークルの作品展が次の日曜日から始まります。
会員18名が、平均5点ずつ出品します。
私は、100号の人物、20号のテーマ作品、10号・6号の静物、計4点に落ち着きました。
頑張らないことにしました。
まだ、筆を入れています。
なるがまま、できることを淡々とこなしていくことにします。
この後、市の文化祭、府美協南河内会員展、サークル小品展、府美協展、人展、と控えています。
作品作りに追われそう。

画像をクリックすると、大きくなります。
20170924ainokai.jpg

会場までの地図
publicway.gif

南大阪医療センターの絵の入れ替え

8月22日は南大阪医療センターの回廊に展示する絵の入れ替え日でした。
今回は、ワイルドストロベリーとスルメを描いた6号を出しました。
昔に描いた一枚をもう一度描いてみたものです。
再挑戦は、私にとっては珍しいことです。
下は、2013年に描いたものです。


DSC00498_2017031211230475e.jpg

P1020548.jpg

人物画

7月15日のサークル活動日はモデルさんをお呼びして描きました。
モデルさんへの注文は、現代的な人で、スポーティーな服装で、でした。
確かにその通りの方でした。
背の高い細身の方でした。
なのに描きにくかったのはどうして?
夏の服装なので、素肌面積が多過ぎました。

20170715Missisiguro.jpg


初めての、きちんとパステル画

ずっとあこがれていたパステル画をきちんと習いました。
手が汚れるのを恐れて、使い捨て手袋をはめたらNGが出ました。

色を置いたら、指先で混ぜる。
これの繰り返しで、手はドロドロ。
濡れティッシュは必需品です。

水彩のように、頭の中での計算は大して必要ないけれど、
きれい好き((*´~`*)の私には、ちょっと抵抗感が・・・
でもまあ、仕上がりに向けて頑張りました。


20170726.jpg
6号 6時間かけて・・
持久力のない私はここでギブアップ

20170809.jpg
6号 飽き性が絵にも現れています

南大阪医療センターの絵の入れ替え

11日㈫は南大阪医療センターの絵の入れ替えでした。
9年前に描いた絵を出しました。
10号です。
だんだん作品が底をついてきました。
描かなきゃ。


2008-02.jpg
メド―セージと信楽焼の甕 ホワイトワトソン10号


今、人物画に凝っています。
これは、昨日仕上げたホヤホヤの作品です。
淡彩で仕上げたいと思いましたが、
ついつい塗り込んでしまう私。
今回はこれまでで良しとしました。
ブラウスの皺が難しかった。


20170712asahi03.jpg
ウォーターフォードナチュラル6号